洒落にならないエロい話~オ〇禁30日目に出会った女幽霊~ネタバレと感想【3日に一度通い妻のように…】

    2019y07m28d_234532687
    洒落にならないエロい話
    ~オ〇禁30日目に出会った女幽霊~

    作者:ぢぃ・お稲荷さん

     

     

     

    こんにちは!
    「洒落にならないエロい話」を読みました。

     

     

    こんなエロい幽霊はいるんだろうか?

     

     

    それは一人の男の性欲が呼び寄せたものかもしれない。



    ビキビキになったチ◯ポをいきなり咥え…。

     

     

     





    『洒落にならないエロい話』
    無料お試し読みはコチラ
    ↓   ↓   ↓
    >>>BookLive!コミック
    『洒落にならないエロい話』と検索してください。
    ※登録無料


    洒落にならないエロい話~オ〇禁30日目に出会った女幽霊~のネタバレ

    深夜0時にディスクを取り出し、
    DVDを見始める。

     

     

    すると…。

     

     

    『ヒタ…ヒタ…』

     

     

    足音がどことなく聞こえます。

     

     

    『ビチャ』

     

     

    そして窓に手を付けたかと思ったら…。

     

     

    目の前には、
    スタイルの良い女性が立っていました。



    どう見ても幽霊。

     

     

    初めて見た幽霊の姿に、
    混乱と恐怖が込み上げる…。

     

     

    しかし、オ◯ニー中という事もあって、
    アソコはビキビキになっていました。

     

     

    『ぐぽっ』

     

     

    女の幽霊はビキビキになった
    チ◯ポいきなり口で咥える。



    『童貞のまま死にたくない』

     

     

    男の性欲は恐怖をまさり、
    殺されるなら…。

     

     

    その女の幽霊がフェ◯をする快楽を
    止められずにいました。

     

     

    そして…。

     

     

    『ぐぐぐぐ…』

     

     

    チ◯ポの根本まで
    咥えてくれる女の幽霊。

     

     

    気持ちよすぎて…。

     

     

    『ビュッ…ビュッ…』



    女の幽霊の口の中で、
    破裂したかのように精液が
    飛び散ります。

     

     

    『あ…温かいこれが口内射精』

     

     

    その後も、
    なぜか女の幽霊は何もしない。

     

     

    その後、ベッドに横になると、
    大きなおっぱいが目に入る。

     

     

    『夢にまでみた…』



    男は再びビキビキになったチ◯ポを
    手に取ると、大きなおっぱいにチ◯ポを
    挟む。

     

     

    『ほとんど埋まる』

     

     

    そのおっぱいの大きさは男のチ◯ポが
    ほとんど埋まる程でした。

     

     

    『パチュン!パチュン!』

     

     

    『パチュン!』

     

     

    『気持ちよすぎる…』

     

     

    大きなおっぱいでチ◯ポをしごくと…。



    『ビュッ』

     

    『ビュッ』

     

     

    『ビュッ』

     

     

    噴水のように精液が女の幽霊の体中に飛び散るのでした。

     

     

    更に、女はお掃除フェ◯まで…。

     

     

    その日は女の幽霊は消えていき、
    一体なんだったのだろう?

     

     

    そんな風に思う。

     

    3日に一度通い妻のように…。色んなプレイをしに現れる?

    しかし、数日後…。

     

    更に、色っぽくなり、
    女の幽霊は現れるのでした。

     

    今度は、着ている布のようなものを

    ハラリと落とす…。

     

     

     

    おっぱいに触れると、
    手に吸い付くくらいしっとり濡れて
    瑞々しい。

     

     

     

    更に今度は、
    アソコを男に見せる女の幽霊。

     

     

    『童貞を捨てる時がきたのかもしれない!』



    四つん這いになっている女の幽霊のアソコに、
    ビキビキになっているチ◯ポを入れると…。

     

     

    「あぁあぁあ……!」

     

     

    男は膣肉に入るその気持ち良さで
    体を動かすことが出来なくなる…。

     

     

     

    その日から、女の幽霊は3日に一度
    男の所に通い妻のように現れる。

     

     

     

    色んなプレイで…。

     

     

     

    『洒落にならないエロい話~オ〇禁30日目に出会った女幽霊~』は
    BookLive!コミックで読むことが出来ます。

     

     

     

    無料お試し読みもあるので、
    良かったら読んでください。

     

     

    BookLive!コミックはコチラです。
    『洒落にならないエロい話』と検索してください。

     

     

      コメントを残す